blog

「coming soon」の記事一覧

STOP THAT TRAIN

★VP RECORDS「RECORD STORE DAY / RSD DROPS 2020」公式商品。

 

「Stop That Train」は、共にジャマイカ出身でロンドン移住後にブレイクしたDeeJayコンビ、CLINT EASTWOODとGENERAL SAINTによるビッグ・ヒット。レゲエ・シーンを超えてUK他各国のナショナル・チャートでも大ヒットを記録したダンスホールの歴史的クラシック。

 

65年にSPANISHTONIANS、67年にKEITH & TEXがリリースした楽曲のカヴァーで、両者のコミカルな掛け合いでリメイクされたヴァージョンとして83年にGREENSLEEVESよりリリース。プロデュースはCHRIS CRAKNELL〈GREENSLEEVES〉とHENRY “JUNJO” LAWES〈VOLCANO〉。

 

81年のコンビとしてのデビュー・アルバム『TWO BAD D.J.』収録の「Talk About Run」をカップリングした7インチ・レコード。

 

特製スリーヴ / 蓄光塗料使用レコード / ポスター&ゲーム封入・限定生産商品。

 

 

「RECORD STORE DAY / RSD DROPS 2020」公式商品。

 

 

GUIDANCE

★VP RECORDS「RECORD STORE DAY / RSD DROPS 2020」公式商品。

 

「Guidance」は、1981年にLEE PERRY〈BLACK ARK INTERNATIONAL〉からリリースされたBLACK ARK PLAYERS『BLACK ARK IN DUB』収録曲。

 

77年にLEE PERRYのBLACK ARKスタジオで録音・制作されたとされ、BLACK ARK PLAYERSは、同スタジオでの制作時のセッション・バンド名で、ASTON (DR) & CARLTON BARRETT (BA)、JUNIOR MURVIN (GU)、ANSEL COLLINS (KB)、WINSTON WRIGHT (P)、またLEE PERRYもパーカッション他で参加していたとされる。

 

「Guidance」はLEE PERRYによるヘヴィーなDUB楽曲で、UKのJAH SHAKA他のサウンド・システムによって現在まで受け継がれ、人気を獲得しているクラシック。

 

12インチ・レコード、ピクチャー・ディスク、片面のみ楽曲収録、限定生産商品。

 

「RECORD STORE DAY / RSD DROPS 2020」公式商品。

 

なお、『BLACK ARK IN DUB』は別途VP RECORDSよりCD / LPで再発予定有。

 

 

XTERMINATOR – EARTH FEEL IT

★VP RECORDS「RECORD STORE DAY / RSD DROPS 2020」公式商品。

 

〈XTERMINATOR〉はPHILLP “FATIS” BURELLが設立したレーベル。〈KINGS & LION〉〈VANA〉を経て1989年に新たに設立、2011年に他界するまでプロデューサーとして運営。現在は息子KAREEMが〈X.T.M.〉としてその意志と音源を受け継ぎ活動している。

 

本作はLUICANO / SIZZLA他数多くのアーティストを育成、90年代のラスタ・ムーヴメントの中心的存在として活動、またラスタ&ルーツ・アーティストに限らずコンシャスでメッセージ性の高い数多くの楽曲でレゲエ~ダンスホール・シーンをリードした同レーベルの作品集。

 

7枚の7インチ・シングル・レコードを収納した特製BOX SET商品・限定生産商品。

 

未発表曲・初商品化楽曲も有。

 

「RECORD STORE DAY / RSD DROPS 2020」公式商品。

 

 

 

BACK A YARD

WAILING SOULS ー。60年代初頭にBOB MARLEYのTHE WAILERSと同様にキングストン / トレンチタウンでJOE HIGGSに指導を受けて66年に結成されたヴォーカル&コーラス・グループ。

WINSTON “PIPE” MATTHEWS / LLOYD “BREAD” McDONALD / GEORGE “BUDDY” HAYEの3人がオリジナル・メンバー。幾度かのメンバー交代を経て、80年代半ばからはPIPEとBREADの2人のオリジナル・メンバーで活動中。

60年代末に〈STUDIO ONE〉から「Row Fisherman Row」「Mr. Fire Coal Man」他でブレイク。

70年代は〈CHANNEL ONE〉から「Things And Time」他がヒット。メジャー=ISLAND/MANGOからもアルバム・リリース。

80年代には〈VOLCANO〉から「Fire House Rock」他ヒットを量産し、GREENSLEEVESから複数のアルバムをリリース。

90年代には映画『COOL RUNNING』サントラに参加、メジャー=SONY/CHAOS、BMG/ZOOからアルバムをリリース。グラミー賞にも2度ノミネート。

ジャマイカ音楽シーンのメインストリームで活動を続け、世界的にも活躍を続けてきたレゲエを代表する偉大な名グループ。

 

『BACK A YARD』は待望の新作。「地元(YARD)に帰る」の意味で、現在はロサンゼルスを拠点としているWAILING SOULSにとっては、97年〈BIG SHIP〉からの『TENSION』以来となる久々のジャマイカ制作アルバム。

 

それを2人に促したのは本作をプロデュースしたALBOROSIE。ALBOROSIEはこれまでにもKING JAMMY / THE WAILERS / ROOTS RADICS等レジェンド達との共作&共演作を制作しているが、その新たな企画としてWAILING SOULに自ら打診、自身のキングストンのスタジオ=SHENGENに招いて共作を実現。

 

全11曲。全てWAILING SOULSならではのジャマイカのルーツ&カルチャー、またラスタの思想に根ざしたメッセージが溢れ、生音とデジタルを融合して制作されたワン・ドロップを中心としたルーツ・ロック・レゲエ作品。PIPEとBREADの「嘆き=WAIL」の歌声&ハーモニーも健在。

 

ALBOROSIEもプロデュース、ミュージシャン、エンジニア以外にもシンガーとしても参加、先行シングル「Shark Attack(92年・SONY『ALL OVER THE WORLD』収録曲のリメイク)」にフィーチャリング参加するなど「共作・共演作」としての存在感を発揮。また、コンシャス・ラスタ女性シンガー、HEMPLESS SATIVAの参加もアルバム全体の奥行き、新作としてのエッセンスを与えていることに成功。

 

日本にも複数回来日経験有(福岡賛歌=「Fukuoka」も有)、また数多くの名曲・クラシックで知られるWAILING SOULSの待望の新作。ジャマイカに帰還、新たなるALBOROSIEとの出会いで生まれた最新作。

 

配信&輸入盤CD(全11曲)/ 輸入盤LP(全10曲)の3形態で同時発売予定。

 

 

Shark Attack Feat. ALBOROSIE – Single

6O年代からジャマイカ音楽シーンのメインストリームで活動を続け、世界的にも活躍を続けてきたレゲエを代表する偉大な名グループ、WAILING SOULS。

 

そのオリジナル・メンバー、WINSTON “PIPE” MATTHEWS / LLOYD “BREAD” McDONALDの2人が現在の拠点であるLAからジャマイカに帰還、ALBOROSIEと共に待望の新作『BACK A YARD』を制作。

 

本曲はその新作からの先行曲として登場。

 

「Shark Attack」は1992年にWAILING SOULSがSONY / COLUMBIA / CHAOSからメジャー・リリースした『ALL AROUND THE WORLD』に収録されていた楽曲。今回に新作を制作するのに当たってALBOROSIEを大胆にフィーチャーしてセルフ・カヴァー&リメイク。

 

プロデュースはALBOROSIE。ALBOROSIEによるDUB MIXヴァージョンも含めた2曲収録で配信&7インチ・レコード発売。

 

 

SOCA GOLD 2020

VP RECORDS恒例『GOLD』シリーズ。シーンの「現在」を伝える最新ヒット・コンピレーション・アルバム・シリーズ。1993年にスタートしたレゲエ&ダンスホールをテーマとした『REGGAE GOLD』、1996年にスタートしたソカをテーマとした『SOCA GOLD』の2シリーズ。毎夏にシリーズ新作を年に一度リリース・継続中。どちらも老舗シリーズ&シーンを代表するアイコン的シリーズ。

 

本作『SOCA GOLD 2020』は『SOCA GOLD』シリーズの本年度作品。今年もカリブ海・ジャマイカの隣国・島のトリニダード・トバコ発祥で、ダンスホールと同様に世界的に人気・認知を獲得しているダンス・ミュージックのソカの「現在」を凝縮。

 

ソカ・シーンは、トリニダード・トバコの「カーニヴァル(キリスト教・謝肉祭の祭事 – トリニダード・トバコのカーニヴァルはブラジル・リオ、イタリア・ヴェネツィアと共に世界三大カーニヴァルの一つ)」を中心に展開されるとされ、今年も2月の「カーニヴァル(2月24・25日開催・コロナ以前で無事開催)」に向けて大量の新曲がリリース。「カーニヴァル」内でのパレード、コンペティション、ライヴ・イヴェント等から人気曲・ヒット曲が誕生。

 

今年の『SOCA GOLD』も「カーニヴァル」で人気を博した楽曲、昨年末から現在まで人気を獲得し続けている楽曲を中心に選曲・収録。先行シングル「JUS D / Touch – 7月3日配信開始」他今夏をターゲットにした新曲も加えた内容で構成。今年のアートワークも女子モデル起用。

 

世界的に活躍するBUJI GARLIN&FAY-ANN LYONS夫妻、ヴェテランのIWER GEORGE、SUPER BLUE(FAY-ANN LYONSの実父)、EDWIN YEARWOOD、TONY PRESCOTT、HYPASOUNDS、RICKKI J等、ソカ・シーンを代表するスター達の人気・最新ヒット多数収録。「ソカ」のトレンドを確認するのにも便利なサンプラー&入門編。

 

配信は全17曲。CD商品は17曲に加えて、全曲を使用したMIX CD(Mixed by FRANKIE P a.k.a. #MaddYute)をボーナスとして追加した2枚組で例年より廉価設定で発売予定。

 

●兄弟シリーズ『REGGAE GOLD』の本年度作も発売準備中 – 詳細後報。

 

 

Cool As The Breeze/Friday

ジャマイカ、そしてレゲエ&ダンスホール・シーンを超えて現在に世界的に活躍する若きスーパースター、CHRONIXX。

 

17年リリース、2010年代のレゲエ最高傑作『CHRONOLOGY』以来となる待望の新作&公式セカンド・アルバム『DELA SPLASH』のリリースに向けて最終段階に突入。

新作イントロダクション曲「Dela Move」、〈レゲエ・リヴァイヴァル・ムーヴメント〉を牽引する同志、KABAKA PYRAMIDをフィーチャーした「Same Prayer」に続く新作からの先行曲として「Cool As The Breeze / Friday」が登場。

スピリチュアルでエモーショナル、メッセージ性の高いレゲエ楽曲だった「Dela Move」「Same Prayer」とは異なり、「Cool As The Breeze / Friday」は最新型のダンスホール・チューン。

「キングストンにようこそ、毎日が夏のようなこの街の毎晩は金曜日のようだ」

「その時間を俺達は赤い目をして過ごすのさ」

「風の如くクールにキメて過ごすのさ」と今回は歌に加えてDeeJayフローも披露。

リリックでも「Dancehall」が連呼される通りに、クロニクスによるダンスホール・アンセム、そしてサマー・チューン。

 

その歪んだ不穏なベース・ラインが印象的なリディム・トラックを構築、楽曲をプロデュースしたのはPANTHA。ロンドンを拠点にCHRONIXXともコラボ&関係が近いMC&ラッパーのLITTLE ZIMZの楽曲にも参加している若き才能。

 

リリースに合わせて公開された斬新なオフィシャル・ビデオも必見。常に新たな表見と挑戦を繰り返し続けるCHRONIXX、新作登場へカウント・ダウン!!

 

 

ANCIENT HARMONIES

AUGUSTUS PABLO。1999年に45歳で他界したジャマイカ出身のレゲエ・ミュージャン、プロデューサー、DUBクリエイター。レーベル&レコード店〈ROCKERS INTERNATIONAL〉主宰。70年代、10代で活動開始。ルーツ・ロックにメロディカを初めて使用、73年『THIS IS AUGUSTUS PABLO』で世界的に人気を獲得。『ROCKERS UPTOWN with KING TUBBY』『EAST OF RIVER NILE』『ORIGINAL ROCKERS』他歴史的名作多数。その哀切で神秘的な演奏には東洋的なサウンドも彷彿させ「Far East Sound」とも呼ばれ、そのオリジナリティはレゲエ・シーンを超えて高く評価され続けている。

 

本作『ANCIENT HARMONIES』は再発企画作。PABLOがGREENSLEEVESからリリースした4作品をCD2枚組に全39曲収録(配信も同内容・同曲数)。80年代後半~90年代初頭の当時のシーンでのデジタル(打ち込み・コンピューター導入)期にPABLOが制作、積極的にデジタルを導入して新たな表現に挑戦した4作品を同時収録。後期PABLOの重要作品集。

 

なお、本作に収録された4作品は今後に全てLP商品として再発予定有。

 

「DISC 1」『BLOWING WITH THE WIND』全10曲+『ROCKERS COMES EAST』全9曲=全19曲収録。

『BLOWING WITH THE WIND』は1990年発売作品。PABLOの〈ROCKERS INTERNATIONAL〉制作。TUFF GONGとDYNAMICSスタジオ録音。EARL “CHINNA” SMITH、LEROY “HORSEMOUTH” WALLES、JOHNNY “DIZZY” MOORE他名ミュージシャンの生演奏にデジタルを導入したPABLO活動後期を代表する一作。表題曲「Blowing With The Wind」「Ancient Harmonies」他人気曲収録。

『ROCKERS COMES EAST』は1987年発売作品。PABLOプロデュース。ジャマイカとNY / H.C.F.スタジオで制作。同スタジオのPHILLP SMARTもエンジニア参加。CLEVIE BROWNEもドラム参加。PABLOはシンセも担当。積極的にデジタルを導入しつつ、そのメロディカの生演奏の魅力を引き出した傑作。

 

「DISC 2」『ONE STEP DUB』全10曲+『RISING SUN』全10曲=全20曲収録。

『ONE STEP DUB』は1991年発売作品。PABLOプロデュース。TUFF GONG、CHANNEL ONE他録音。PABLOはメロディカ、オルガン、ベース・シンセ、シンセ他担当。JACKIE MITTOOも参加。従来のPABLO=メロディカよりもJUNIOR DELGADOのヴォーカル他が多用・目立つDUBアルバム。

『RISING SUN』は1986年発売作品。前出『ROCKERS COMES EAST』同様ジャマイカとNY / H.C.F.で制作。SLY DUNBAR、EARL “CHINNA” SMITH他参加。PHILLIP SMARTに加えてSCIENTISTもエンジニアとして参加したDUBアルバム。

 

 

MISTA SAVONA Presents HAVANA MEETS KINGSTON

CUBA x JAMAICA。

公開が待たれるドキュメンタリー映画のサイトラ盤が先行発売。キューバとジャマイカ、両国を代表する歴史的なミュージシャン達が共同して制作した歴史的作品。

『HAVANA MEETS KINGSTON』は、オーストラリア人のプロデューサー、JAKE SAVONA a.k.a. MISTA SAVONAが発案したプロジェクト。

SIZZLA、ANTHONY B、またALTON ELLIS、THE CONGOS他の作品プロデュースの経験もあるSAVONAは、1996年に公開されて世界的に話題を集めたキューバ音楽のドキュメンタリー映画『BUENA VISTA SOCIAL CLUB』にインスパイアされて同プロジェクトを始動、2015年より本格的に制作を着手。

『HAVANA MEETS KINGSTON』は、同じカリブ海の隣国として位置しながら、それぞれに異なる言語を用い、異なる歴史と政治を持ち、異なる独自の音楽を築き上げてきたキューバとジャマイカの音楽の交流で、両国を代表するミュージシャン、アーティスト達が共同して楽曲・作品を制作するコトで両国の音楽と文化の違いと共通点を検証していくもの。その制作過程を撮影した映像は、ドキュメンタリー映画として来年2018年に公開予定(日本公開予定は現時点で未定)。

本作はその映画のサントラ盤。キューバとジャマイカのミュージシャン、アーティスト達が同プロジェクト用に実際に制作した音源を収録。

制作・録音はキューバのハバナ。ジャマイカのキングストンからSLY & ROBBIE、EARNEST RANGLIN、WINSTON “Bopee” BOWEN、BONGO HERMAN等、レゲエの歴史を代表するミュージシャン達が渡航、ハバナでAFRO CUBAN ALL STARS / BUENA VISTA SOCIAL CLUBでの活動でも知られるBARBARITO TORRES他キューバ、アフロ・キューバンの歴史を代表するミュージシャン達と合流、両者達が「THE HAVANA KINGSTON ALLSTARS」として共同&協力して、SAVONAが意図したレゲエとアフロ・キューバンが融合した音楽制作を開始。

BUENA VISTA SOCIAL CLUBで知られる「Chan Chan」「El Cuarto」「Carnival」、またレゲエの「Row Fisherman Row」「100 Pounds Of Collie」「Vibracion Positive (Rastaman Vibration」の両国の名曲カヴァーを中心に両国の新旧のアーティスト達が歌唱参加。ジャマイカからはLEROY SIBBLES、PRINCE ALLA、TURBULENCE他が参加して、キューバ・アーティスト達と共演。

レゲエとキューバ音楽・ファンだけではなく、世界中の音楽ファンの中で映画の公開が待たれている中、その公開を前にサントラ盤として発売。両国の音楽と文化が融合した歴史的企画、その音源が先行発売。

 

 

latest

24x7 RECORDS 新着情報

releases

最新リリース情報