releases

最新リリース情報

JAHVILLANI

TITLE

DIRT TO BENTLEY

PRODUCTION

ダンスホール・スター、JAHVILLANI!!
デビュー・アルバム登場!!

 

2019年に「Wileside Government」でブレイク、ジャマイカ&ダンスホール・シーンの新たなるスターとして活躍続けるJAHVILLANI。そのデビュー・アルバム『DIRT TO BENTLEY』登場。

 

全13曲。タイトル・トラック「Dirt To Bentley」はアルバム全体のコンセプトも示した楽曲。NY拠点の世界的ダンスホール・スター、KRANIUMを迎えた同曲は「Dirt(泥・汚れ)=スタート」からスタートして「Bentley(高級車・勝ち上がり)=未来」までの若者の勝ち上がり、未来への成功と野望がテーマ。

 

JAHVILLANIもこのデビュー・アルバムをリリースするまでの道程が決して容易ではなかったことを、またタイトル・トラックに参加したKRANIUMも「ほとんどのアーティストは一人でキャリアを開始して、それからわずかな仲間達と出会い、自分達だけで世界への道を目指していくしか方法はない」と語り、このデビュー・アルバムをリリースできるところまで辿り着いた現在に胸に張り、ここからのさらなる高み・飛躍を目指している。

 

トリニダードのスター、PRINCE SWANNYとの「First Class Flight」、最新型ダンスホール・スター、SKILLIBENGとの「Smooth」、アルバムのプロローグ曲でもある「Pro-Gress」(ジャマイカ・YouTube・音楽トレンド1位獲得曲)、3曲の本作用の既発シングル収録。

 

イントロ的なスタート曲「1Gov’t Bad-ness」を筆頭に、世界的に「モダン・ダンスホール」と評されるヒップホップ / トラップ / グライムを昇華した現在のダンスホールのトレンドが詰まったサウンドを軸に制作された「Love At First Sight」「Powerful (Brand New)」「Dat Way」「Broken」、「Scheme Feat. TRANCE 1GOV」、アフロ・ビートにインスパイアされた「GOD.ly」、内省的な「Journey」「JOHN 3:16」と現在のダンスホールと現在のJAHVILLANIを凝縮した強力&意欲的内容。ブレイク曲他過去に頼ることなく、未来のために生きる現在を伝える楽曲のみで構成。

 

プロデュースは盟友〈YGF RECORDS〉のTEVIN RICHARDSを中心に、ADRIAN “MASTERMIND” LAWRENCE、RIDWAAN RAZAK、そしてJAHVILLANI本人で担当。

 

 


SONGS LIST

01. 1Gov’t Bad-ness
02. First Class Flight Feat. PRINCE SWANNY
LINK YouTube

03. Dirt To Bentley Feat. KRANIUM
YouTube

04. Smooth Feat. SKILLIBENG
LINK YouTube

05. Love At First Sight
06. Dat Way
07. Powerful Vibe (Brand New)
08. Broken
09. Scheme Feat. TRANCE 1GOV
10. Pro-Gress
LINK YouTube

11. GOD.ly
12. Journey
13. Jahvi 3:16

★→ DIGITAL SINGLE
02 / 04 → 配信開始中
10 → 6月25日配信開始中

配信 LINK


INFORMATION







DIRT TO BENTLEY
Debut Album Visualizer
LINK



SINGLES from DIRT TO BENTLEY


JAHVILLANI
Pro-Gress
6月25日配信開始
作品案内&OFFICIAL LYRIC VIDEO
LINK


JAHVILLANI Feat. SKILLIBENG
Smooth
配信開始中
作品案内&OFFICIAL VIDEO
LINK


JAHVILLANI Feat. PRINCE SWANNY
First Class Flight
配信開始中
作品案内&OFFICIAL VIDEO
LINK


HISTORY / BIOGRAPHY

JAHVILLANI / ジャヴィラーニ

本名 : DUJON MARIO EDWARDS。ジャマイカ / オチョリオス出身のダンスホール・アーティスト&DeeJay。

家族の影響でダンスホールの虜となり、SHABBA RANKS、BUJU BANTON、VYBZ KARTELに強く影響を受けて10歳でアーティストとなること決意、高校時代から地元の仲間達、後に〈YGF RECORDS〉を設立するTEVIN RICHARDS、〈SASSAINE RECORDS〉を設立するSASSAINE等と楽曲制作を開始して、2013年から「Gal Come Over」「RIP」「Party Kick Ova」「Mouth Bad Man」等のシングルを続々とリリース開始、YouTube等から注目を集めていく。

そのハード&リアルなリリックを武器にしたバッドマン・スタイルで着実に人気を獲得、大きくブレイクしたのは2019年。「Wileside Government」(『STRICTLY THE BEST VOL.60』収録)を筆頭に「Clarks Pon Foot」「Nuh Reason」「Rubberband」他、次々とビッグ・ヒットを放ち、ジャマイカ・メディアでも「次のVYBZ KARTEL」として大きく取り上げられるなどスターの座を獲得する。

2020年、本格的世界進出を目指しVP RECORDSと正式契約。

2021年7月、デビュー・アルバム『DIRT TO BENTLEY』発売決定。

JAHVILLANI
Instagram :  LINK
YouTube :  LINK
Official Web : LINK

latest

24x7 RECORDS 新着情報

releases

最新リリース情報

CD/VINYL STORES

and more

★店頭在庫のない商品もお取り寄せ・ご注文頂けます。詳しくは各店頭&各サイトまで。

DOWNLOAD

and more

STREAMING

and more