VP RECORDS: 2月 AUGUSTUS PABLO『KING DAVID’S MELODY』再登場

AUGUSTUS PABLOの83年発表の傑作哀愁・哀切インストゥルメンタル楽曲集がダブ・ヴァージョン他ボーナス・トラック9曲を追加して再登場!

VPGS7044_AUGUSTUS PABLO_KINGS AVIDS MELODY

■ARTIST(S): AUGUSTUS PABLO
■TITLE: KING DAVID’S MELODY
■US RELEASE DATE: FEB 17 / 2017
■LABEL: VP RECORDS / GREENSLEEVES
■CATALOG: VPGS7044-2 (CD) / GREL170-1(LP)
■IMPORTS CD / LP / DIGITAL / RE-ISSUE / SPECIAL EDITION

 

AUGUSTUS PABLO(オーガスタス・パブロ)。1999年に他界したレゲエを代表する名メロディカ/キーポード・プレイヤー、プロデューサー。メロディカを最初にレゲエに導入したアーティスト。ダブ・スペシャリスト。敬虔なラスタファリアン。『JAVA』『THIS IS AUGUSTUS PABLO』『ORIGINAL ROCKERS』『RISING SUN』『BLOWING WITH THE WIND』他名作・傑作多数。また、自身が運営したレコード店&レーベル〈ROCKERS INTERNATIONAL〉からも数多くの名曲・傑作を制作・プロデュース。日本にも複数回来日、レゲエ・ファンを超えて高い人気と知名度を獲得。

 

本作『KING DAVID’S MELODY』は、AUGUSTUS PABLOが自身の〈ROCKERS INTERNATIONAL〉で75年から82年までに制作した楽曲から厳選された11曲を収録した企画作品。PABLOのメロディカを中心としたインストゥルメンタル楽曲集で、JACKIE MITTO(SOUND DIMENSION)「Bitter Blood」を取り入れた表題曲の他、PABLOならではの哀愁・哀切のメロディの魅力が凝縮された傑作集。バックを務めたのはROBBIE SHAKESPEAR(B)、LEROY SIBBLES(B)、EARL CHINNA SMITH(G)、HORSEMOUTH(D)他、HARRY JとKING TUBBYで録音・制作、MIXはSYLVAN MORRISと盤石。

 

初リリースは、83年にジャマイカの〈ROCKERS INTERNATIONAL〉とUSのALLIGATOR RECORDSから。その後に複数レーベルから複数回リリース&再発されており、UKのGREENSLEEVESからも92年にリリース。今回はその92年のGREENSLEEVES盤を復刻、ジャケットも同作を復刻。リ・マスタリング。

 

CD/配信商品にはオリジナルの11曲にオリジナル収録曲の初CD化も含むダブ・ヴァージョンを中心とした9曲をボーナス・トラックとして追加した全20曲収録。LP商品は92年GREENSLEEVES盤そのままに復刻(全11曲収録)、規格番号も92年初リリース当時と同じ「GREL170-1」。CD&LP商品共にUK製造。

 

■SONGS LIST:
01. King David’s Melody ★
02. Zion High ★
03. (Pablo Meets) Mr Bassie ★
04. West Abyssinia ★
05. Israel In Harmony ★
06. Rockers Mood ★
07. Sufferers Trod ★
08. Revelation Time ★
09. Selfish Youths ★
10. Corner Stone Dub ★
11. Kent Road ★
12. Solomon Dub
13. Zion Dub
14. Jah Strength Ital Step
15. West Abyssinia Version
16. Israel Dub
17. Jah School Dub
18. Dub 2 (Sufferers Choice)
19. Babylon Fall Dub
20. Freedom Step

★ → LP商品収録曲(全11曲)

★iTunes JP LINK

 

 

●MORE PABLO & ROCKERS!!

Rockers_Banner

ORIGINAL ROCKERS – DELUXE EDITION
VPGS7039 / 2016再発 LINK

 

Pablo_Banner

AUGUSTUS PABLO Presents ROCKERS INTERNATIONAL
VPGS7033 / 2016再発 LINK

 

 

1/13更新