VP RECORDS: MYKAL ROSE x KING JAMMY。新作『RASTA STATE』7月発売

MYKAL ROSE最新作はKING JAMMYがプロデュース! あのBLACK UHURUのコンビが復活! 〈JAMMY’S〉の名リディム大量使用した特別企画作!

 

VP2612_MYKAL ROSE_RastaState

■ARTIST(S): MYKAL ROSE
■TITLE: RASTA STATE
■US RELEASE DATE: JULY 8 / 2016
■LABEL: VP RECORDS
■CATALOG: VP2612-2 (CD) / VP2612-1 (LP)
■IMPORTS CD / LP / DIGITAL
■BRAND NEW
※LP商品は現地製造事情により発売日が遅延する場合もあります。ご了承願います。

 

MYKAL ROSE(マイカル・ローズ)ー。1957年ジャマイカ出身。15才で初レコーディング&ソロ・デビュー。友人のSLY DUNBER(SLY & ROBBIE)の紹介で、〈OBSERVER〉のNINEY HOLNESSと出会い、NINEYのもとで「Guess Who’s Coming To Dinner」「Clap The Barber」等のヒットでブレイク。LEE PERRY等とも楽曲をリリースしていく。

その後に再びSLY DUNBERの紹介で、〈JAMMY’S〉のLLOYD JAMES=PRINCE JAMMY(当時・後のKING JAMMY)と出会い、THE JAYESのメンバーでもあったERROL NELSONと共に、メンバーが離脱してDUCKY SIMPSON一人となっていたUHURUに加入。BLACK SOUNDS OF UHURUにグループ名を改名して、JAMMYのもとで活動、77年に『LOVE CRISES』をリリース。

その後にERROL NELSONがTHE JAYESに復帰・脱退、新たにPUMA JONESが加わり、バンド名をBLACK UHURUに再改名。MYKAL ROSEがリード・ヴォーカルとなり、SLY & ROBBIEとのタッグで世界的に大ブレイク。メジャーの〈ISLAND RECORDS / MANGO〉と契約をして、MYKAL ROSEのソロ時代の「Guess Who’s Coming To Dinner」再演の他、「Shine Eye Girl」「Sensemilla」「Chill Out」等数多くのヒットを連発し、84年には『ANTHEM』でグラミー賞を獲得。その翌年の85年にMYKAL ROSEはグループを脱退するが、このBLACK UHURU時代の華々しい活躍によって、シンガーとしてもソング・ライターとしても世界的な人気と評価を獲得。

BLACK UHURU脱退後はソロ・シンガーとして活動。89年にはメジャー〈RCA〉と契約、その後も90~00年代までUSの〈HEARTBEAT〉、フランスの〈TABOO〉他から10数枚のアルバムをリリース。また現在も世界中をツアー、DAMIAN MARLEYと「Shoot Out」をリリースするなど現役スターとして精力的に活動中。

本作はMYKAL ROSEと、そのBLACK UHURU参加、世界的成功のターニング・ポイント的な役割を果たしたKING JAMMYがタッグを組んだ最新作。全曲新録によるKING JAMMYのプロデュース作品。注目すべきは、往年の〈JAMMY’S〉の名リディムを大量に使用している点で、両者が出会った当時のPRINCE JAMMY期のルーツ&ワン・ドロップ・リディムを中心とした特別企画作。

MYKAL ROSEの「なにになににうぉおおい~」なヴォーカルも健在。テーマ&タイトルを『ラスタ国家』として、その国家の声明としたコンシャス&啓蒙的なメッセージ性の高いリリックの楽曲が中心。

CD / LP / 配信でのリリース。今後に収録曲からビデオ制作予定有。新作発売に合せてヨーロッパ&世界各地をツアー予定。

 

■SONGS LIST:
01. African Queen
02. Judgement
03. Golden Throne
04. Gimme The Herb
05. Unity
06. Hail H.I.M.
07. Woe Unto Those
08. Reply From The Queen
09. Israelites
10. Hungryness
11. Free Education
12. Peace And Love In The Ghetto
13. Inna Di Sage
14. Love, Love, Love
15. Anything You Want Gal

 

6/6更新