VP RECORDS: CAPITAL LETTERS『VINYARD』発売

UKレゲエのパイオニア的グループ、キャピタル・レターズの82年のレア作が再発決定。未発表&ライヴ音源のボーナス・トラック7曲追加。LP商品も有。

 

GRE2099 CAPITAL LETTERS Vinyard

■ARTIST(S): CAPITAL LETTERS
■TITLE: VINYARD
■US RELEASE DATE: MAY 26 / 2015
■LABEL: GREENSLEEVES & VP RECORDS / CATLOG: GRE2099
■IMPORTS CD & LP / DIGITAL
■Re-Issue

CAPITAL LETTERS(キャピタル・レターズ)は1972年にイギリス中部・ウルヴァーハンプトンで結成されたルーツ・レゲエ・グループ。「Smoking Ganja」他で注目を集め、MATUMBI / ASWAD / STEEL PULSE / BLACK ROOTS等と共にUKレゲエのパイオニア的存在として活躍。エッジの効いたスカ~レゲエ、メッセージ性の強いリリックとコーラス・ワーク、高い演奏力が魅力。78年にはGREENSLEEVESと契約、「Run Run Run」他を含む傑作『HEADLINE NEWS』をリリース。80年代までヨーロッパを中心に活躍。活動休止後、2013年に活動再開して現在も活動継続中。

本作は82年にドイツの〈GULP〉からリリースされた作品の再発盤。ドイツ録音作。プロデュースはCAPITAL LETTERSとLASZIO VIRAGH。当時のジャマイカの最新の“ロッカーズ・スタイル”の影響を受けた「Murdeing Style」、社会的メッセージ性の強い「No Jobs」、ダブ・アレンジ「How Far」、スロー曲でコーラス・ワースの魅力全開の「Why」、王道ルーツ・ロックの「Baggawolf」「Old Old Owl」「Africa Bound」と『HEADLINE NEWS』同様にUKレゲエを代表する傑作とされるも配給状況もあってレア作とされていた作品。2004年にドイツ〈FOXY〉から再発されるも現在は廃盤。

オリジナルは全10曲(01~10)。今回の再発に際して、『HEADLINE NEWS』制作時の未発表曲(11~13)、UK・BBCの人気番組『JOHN PEEL SESSION』でのライヴ音源(14~17)を追加収録し、ボーナス・トラック7曲、リ・マスター、で新装アートワーク再登場。CD / 配信に加えてLP商品も有。

■SONGS LIST:
01. Muss Muss
02. Murdering Style
03. No Jobs
04. Why
05. Vinyard
06. How Far
07. Baggawolf
08. Old Old Owl
09. Africa Bound
10. Fi Wi Parents
11. Oh Politician ☆●
12. What Would You Do ☆●
13. Fall In Love Forever ☆●
14. How Far Can A Man Run ☆●
15. Rasta Seh ★●
16. Fire ★●
17. Smoking My Ganja ★●

☆Track 11 – 14 ボーナス曲 / 未発表音源
★Track 15 – 17 ボーナス曲 / BBC『John Peel Session』ライヴ音源
●Track 11 – 17 LP商品未収録 / LP全10曲。

CAPITAL LETTERS